THOUGHTS & URLS: 天皇誕生日。

雲ひとつないスカッした天気の中、皇居の一般参賀に行ってきました。
別に右の思想持ってるわけじゃないんだけど、せっかく東京に住んでるので、今までTVでしか見られなかったこういうイベントに一度ぐらい地の利を生かして顔出してみるのもいいもんかな~と;
それに、日頃皇室ネタでサイト立ち上げてるし、天皇誕生日ぐらい祝意を表しに行かないとバチがあたりそうだからね(笑)
で、定期券で大手町まで行き、そこから皇居の二重橋前まで歩く。二重橋前の内堀通りは交通規制されていて車両通行止めになっている。その周辺では右翼の街宣車が君が代を鳴らしながら走っていた。
二重橋前の広場はロープが張られていて、決められた順路に沿って歩くようになっていた。順路の外では、警視庁の警察官が水も漏らさぬ警備をしている。
順路は「荷物を持っている人」用と「持っていない人」用とに分かれていて、カバン等を持っている人は「持っている人」用ルートを歩いていき、歩いた先に設けられた臨時ゲートで手荷物検査をされる。それも、空港の手荷物検査のようにX線通してハイ終わり、みたいないい加減なのじゃなくて、婦人警官にカバンのファスナーを全部開けられ、中をガサガサされる。恥ずかしい本を入れてなくて本当によかったよかった(笑)
カメラを持っている人は、その場でワンシャッター切られて、ホントにカメラだという確認をされる。
ここで異常がないことが確認されると、数十メートル先でお次はボディチェック。
体を服ごしに上から下まで触られて、異物が入っていないかチェックされる。漏れはズボンのポケットを財布や定期入れなどでパンパンにしているので、「これは何ですか」と訊かれ、全部出された。
ここをパスすると、いよいよ皇居の中に入ることができる。いつもなら記念写真を撮るしかできない二重橋を、実際に渡ることができる。
まず手前の石橋を渡り、門の中に入る。ここからは、通常は一般人の立ち入ることのできない「聖域」。警護の警察も、門から中は警視庁の警官ではなく皇宮警察の警官に変わる。
両脇に植えられた松並木に囲まれたなだらかな坂を上って大きく右にカーブすると、二重橋の鉄橋のほうを渡り、また門をくぐる。そして左手に新宮殿が見えてくる。
新宮殿は長さ100mぐらいあって、中央のブースに両陛下はじめ皇族方がお出ましになる。その東庭で、一般の参賀者、奉仕団のような団体の人、パンチパーマのおっかないお兄さんたちの集団などが、みな一様に集まってお出ましを待つ。
お出ましの20分前になると、女性の声で「天皇・皇后両陛下ならびに皇族方のお出まし時刻は○○分です。今のおおよその時刻は○○分です」という案内放送があったんだけど、これがまた小学校の運動会の放送みたいな、誰が聞いても素人のアナウンスなんだなー。宮内庁の職員だろうか。
おまけにお出ましの時刻を言い間違えて、「あっ!」と言って訂正してるし。なかなかお茶目だったぞ;
そしていよいよお出ましの時になると、参賀者の中からどこからともなく「き~み~が~あ~よ~お~は~」という歌を歌い始める。振り返ると、例のパンチパーマの団体だった。
その「君が代」の歌が終わるか終わらないかのとき、ブースの後ろの障子扉が開き、両陛下と皇族方が現れた。すると参賀者たちは一斉に日の丸の小旗を頭上にかかげ、「天皇陛下、ばんざあーい!」と叫びながら小旗を振る。それに手を振ってこたえる天皇陛下。
正面向かって左から順に紀宮さま、皇太子殿下、天皇陛下、皇后陛下、秋篠宮さま、紀子さまが並んで立たれ、女性の「ただいまから天皇陛下のお言葉があります」という放送があると、群集はすぐ日の丸の小旗をひっこめ、水を打ったように静かになった。そして、天皇陛下がおもむろにお言葉を発する。それが終わると、また日の丸を振って万歳コールの嵐に包まれる。
漏れの隣に立っていた大学生風の若い男の子は、枯れんばかりの声をふりしぼって「てんのうへいかぁ、ばんざぁ~い! ばんざぁ~い!」と叫んでいた。その隣の女子学生風の子も、声の限り「ばんざ~い!」と叫ぶ。この二人、てっきり右翼かぶれカップルかとばかり思っていたら、終わってから男のほうが「僕は千葉に住んでるんですけど、あなたは?」とその女の子に尋ねたりして自己紹介を始めていたところをみると、どうやらその場で知り合ったらしい。こんなところでの出会いもあるんだな~と感興にふける漏れ。
天皇陛下が障子戸から中に消えていかれると、群衆は動き出し、正面右側の急な坂を下りていく。その坂の下の門が「坂下門」
そこから出るか、もう少し先の桔梗門から出ることになる。
門から外に出ると、一般参賀記念を当て込んだお土産物が売っていた。とりあえず漏れは年末に帰省するので実家に何か買って行こうと思い、お菓子と日本酒を適当にみつくろって買ってきた。
さて宮城も拝んできたし、今日の有馬記念も何かご利益あるかモナー、と期待してその足で渋谷のWINSに逝き、1万円ほど突っ込んで馬券を買った。けっこう本気なのだ。

帰りの電車の中では、キャバクラか何かの勤め帰りと思しき香水のドギツイDQN女二人組が、真っ昼間だというのに、誰それとヤッたのヤラないのと盛り上がっていた。
隣に座って、話に聞き入る親子連れ。
世も末だな

さて有馬記念のほうは、ご利益も空しく全滅。
4-5、4-12、4-13で流してたのに、なんでアメリカンボスなんか入ってくるんじゃヴォケェェェ・・・
馬連の配当は48500円。こんなもん当てる奴おるんかいな・・・

どうでもいいけど、クリスマス前だからって、それにつけ込むかのように携帯に出会い系のSPAMメール送ってくるのヤメレ。
こっちはそれでなくても有馬記念で負けてイラ立ってんだから・・・
ともあれ、明日は何があっても絶対にPCにはアクセスしないからな。
「クリスマスなのに、暇なんだぁ~」て思われるのだけは(事実はどうあれ)やなのでヽ(;´Д`)ノ

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る