THOUGHTS & URLS: 3連休ヽ(;´Д`)ノ

がんばって残っている仕事片付けて勉強でもするか・・・と思ったら結局3日とも遊んでしまったヽ(;´Д`)ノ
とりあえず、十市ネタの取材で神奈川の伊勢原にある大友皇子の墓にでも行ってみんべえと思って夜、ソアラで東京を出発。
横浜方面を抜けてR1~西湘バイパスで小田原へ。
とりあえず寝る場所を探すために小田原から北上し、東名の大井松田ICから高速に入る。
東名の中井PAにソアラを停め、そこで1泊。
あまりに眠くてついヘッドライトを消すのを忘れたままエンジンを止めて眠り込んでしまったので、途中で寒さを感じて目を覚ましエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからなくなってしまってかなり焦ったぞ!
ヘッドライトを消してしばらくしてからエンジンをかけてみるとちゃんとかかったからよかったけど;
翌朝、厚木ICで降り、R246沿いで朝マックした後、伊勢原の日向薬師方面へ。
大友皇子の墓はそうとう山の上のほうで、車がやっとすれ違えるぐらいの道幅の道をひたすら登っていく。
わきに駐車場らしき場所はあるにはあるのだが、係員がいるかいないかもわからないし、「Uターン1回1万円、無断駐車1回10万円」とか立て札が立っていてコワイコワイヒーなので、人目につかなそうな場所にソアラを停めて、そこから墓まで歩く。
大友皇子は壬申の乱のときに百済わたりの影武者を身代わりに立てて自分は逃げ、この日向の地に落ち延びてそこで余生を過ごした、と石碑に記されていた。
まあ99%は嘘だろうけど、義経伝説と同じで、その地の人々の皇子をしのぶ気持ちというものは、尊重してあげるのも悪くないのかな、と思う。
いつまでも路駐してるのもけっこういろんな意味で怖い場所だったので、さっさとソアラに乗り込み墓をあとにした。
近所に伊勢原温泉があったので、温泉にでも入ってリフレッシュすんべえか、と思ったんだけどどうやって入っていいのかわかんなかったので、ちょっと離れた鶴巻温泉まで行く。
ここはちゃんとした温泉街になっていて、「弘法の里湯」なる外湯があったので(入湯料1000円、駐車料150円/h)そこに入る。
わりときれいな施設で、なんか「よみがえったぞー!」と叫びたくなりそうな気分になって東京へ戻っていったのであった・・・

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る