THOUGHTS & URLS: とうとう発売開始!WindowsXP

発売開始を控え、会社から家にいったん戻った後ソアラで秋葉原へ向かった。
夜の11時半に秋葉原に着くと、ソフマップやラオックス、T-ZONEミナミなどの入り口に明かりがともっていて、店先には人だかりがしている。
道路脇はもうすでに車がいっぱいで駐車スペースを探すのも大変;
ちょっと離れた場所に路駐して、ソフマップ(カクタソフマップ)に行く。
先に店の中で精算を済ませて引換券をもらい、列の後ろに並ぶ。
販売開始15分前のわりに並んでいる人は少なく、漏れの前には7人しか並んでなかった。
ソフマップでは、店先の正面歩道の上にカウントダウン用のタイマーが置かれていて、販売開始時刻の午前0時に向かって時刻が秒単位で減算されていっている。タイマーの上には大きなくす球が吊り下げられていて、午前0時を機に割られる手はずとなっている。正面タイマーを挟む形で、キャンペーンのために動員されたコンパニオンのお姉ちゃんたちが等間隔に並んでビラを配ったり、笑顔を振りまいたりしていた。
そして、スタッフの人がマイクでがなりたて、WindowsXPのソフトのパッケージの箱をかたどった着ぐるみを着た人が正面歩道をうろうろして雰囲気を盛り上げていた。
午前0時が近づき、正面歩道にドライアイスのスモークがたかれ、カウントダウンが始まる。
そして午前0時きっかりにくす球が割られ、ソフトの配布が始まった。
真新しいソフトを手にすると、他の店の様子を見るためにあちこち歩き回ってみた。
ラオックスのザ・コンピュータ館の前は、ものすごい人だかりで、近寄れないぐらい。
あとで知ったんだけど、そこにはマイクロソフトの阿多社長が来たらしい。マイクロソフトの社長は新OSの発売日にはかならず現れるらしい。
ツクモ電気は長蛇の列。店先でモデル撮影会をやっていて、デブヲタ君たちがカメラを構えて必死の形相。
それを思うと、ソフマップは派手に盛り上げてたわりに一番人が少なく、あまり並ばずに楽に早く買えて、正解だったような気がする。
とりあえず秋葉を後にし、有楽町に行ってみる。
ビックカメラやソフマップ前は気が遠くなるほどの長い列が建物のまわりをぐるっと囲んでいた。
報道関係者は主に有楽町をメインに集中していたようだ。
そのままソアラを走らせ、青山通りを渋谷方面に向かい、明治通りを新宿方面に折れる。
新宿西口の電気街に着いたのは1時前。もう終電ぎりぎりの時間なのか、誰も客はおらず、店は閉店の作業に入っていた。
途中でラーメンを食べて、家に着いたのは2時頃になってしまった;
バカですね(藁)

てことで、この日は3時間そこそこしか睡眠を取らず、ねむねむモードのまま出勤。
国際電話キャリアの同業他社のオペレーション関係の方と意見交換会&懇親会。
話を聞くと、どこもやってることは似たり寄ったりの様子。
限られたリソースと限られたノウハウの中で、いかに国際電話のオペレーション品質を保つか、というのがキーになっているようだ。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る