THOUGHTS & URLS: 東京なのに「和泉」多摩川。

漏れが厨房だった頃、週に1回ぐらいの割で学年集会のようなものがあって、学年全体の生徒が体育館とかグランドに集められて教師から説教を食らうのであった。
怖い体育教師が
「最近、テレホンクラブというのがあって、特に女子を中心に好奇心から電話をかけたりしとるモンもおるそうやけど、ああいうのは誘惑が多いし、犯罪の温床にもなるから、絶対に電話なんかかけたりせんように」
と訓示を垂れたりしたものだった。
漏れの中学時代はちょうどテレクラの黎明期で、純真だった漏れはもちろんテレクラって何するところなのかよくわからなかったんだけど、とにかくテレクラって危ないものだという意識が、中学教師たちによって刷り込まれたものである。
今は、その中学教師が自らテレクラで中学生を誘って、犯罪にまで発展させてしまうんだから世も末だねー;
中国道で轢かれて亡くなった手錠少女に合掌。

「明るい女性と、陰のある女性、どっちが好き?」
と訊かれた。
なかなか難しい質問で、女性経験の極端に少ない漏れは即答できなかったんだけど、よーくよく考えてみると、確かにどこか陰を落とした女性のほうが確かに魅きつけられるものがあるし、男性としてこの人を守ってあげたい!と感じるのかもしれないけど、実際そういう人とつきあってみるときっと疲れるだろうな~と思うね。
長くつきあうならやはり明るくてムードメーカーな人のほうが漏れみたいな性格の人にとってはベストと思われ。でも単にはしゃぎまわってるだけの人は、遊び相手にはなってもなかなか恋愛の対象としては見てもらいにくいということはあるかもしれないんで、明るく振舞うという基本線は押さえながらも、時々陰を感じさせるしぐさを見せたり甘えてみせたりしてみるのが良いのかも。
それか、普段はつんとしてそうに見えても、ホントはとってもハートが暖かい、特に自分にはとても暖かく接してくれるっていう人も高ポイントと思われ。
30代も半ばまでアクティブにいろんなことをこなし、しっかりしていて天真爛漫、人を魅惑するオーラを発した女性。それなのに、なぜか縁が遠い。
単に彼女に釣り合う男性が少ないだけなんだろうと思うけど、本人としては「今までの振舞い方に問題があったのかしら?」とか「やっぱり陰のある女のほうが好かれるのかしら?」とか、いろいろ悩んでいる様子。その悩む姿こそ「陰」の部分だと漏れには感じられたんだけど;
まあ出会いと交通事故ははずみで起こるっていうし、そのうちきっと良縁があるものと思われ。
つーか人の心配する前に我が身を振り返れってか(爆)。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る