THOUGHTS & URLS: 浅見光彦を追え

浅見光彦ミステリー紀行 西ヶ原から王子を歩く
さてさて、この土日、北区西ヶ原界隈を散策しておりました。
京浜東北線の上中里駅で降りると、「飛鳥の小径」という細い路地があります。
飛鳥だよ、飛鳥ー!!!
その飛鳥の小径を線路沿いに歩いていくと、飛鳥山公園に出ます。
上中里から飛鳥の小径じゃなく、蝉坂というちょっと広いだらだらした坂道を登っていくと、右手に平塚神社というちょっと大きな神社が見えます。
平塚神社の参道は本郷通りにまで面していて、本郷通り沿いには「平塚亭」という茶店があります。浅見光彦はそこで串団子を買っていくそうですが、漏れが行ったときには店は閉まってました。
本郷通りを北に歩いていくと、右手に滝野川消防署があり、さらに進むと滝野川警察署があります。滝野川警察のあたりで本郷通りを渡り、細い路地を下りていくとそこは西ヶ原3丁目一帯。路地を下り、突き当たりを右に折れると信号のある交差点。
赤信号で立ちつくしていると、小学校2~3年生ぐらいの男の子が2人自転車に乗って来て、「ボタン押した方が早いよねえ」と言った。そう、この信号機は押しボタン信号で、ボタンを押さないと永遠に青にならないのであった。僕ははっと我に返り、押しボタンを押して信号を青にしたんだけどその2人の子は、漏れに直接話しかけるんじゃなくて、
「この道、初めて通る人!」
「シーン」
「ここ、誰でも通るよねえ」
とかわるがわる聞こえよがしに言いながら自転車で走り去っていった。
こんのガキャァ~・・・俺は生まれて初めてこの道通ったんじゃ・・・と思ったけど、借りもあることだし(爆)こらえてやった;
3丁目の庶民的な街並みを北へずーっと歩いていくと、ある一角だけがらっと雰囲気が変わり、瀟洒な邸宅が並ぶブロックがありました。きっと、そこらへんが浅見の実家なんでしょう。
東京も、まだまだ知らない場所がいっぱいだなあ・・・と実感;

葛西の「シカノ自販」に行き、ソアラを見てきた。やっぱりデカイねえ・・・
96年後期型が、諸費用込みで200万ちょっと。
やっぱ高いっす;

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る