THOUGHTS & URLS: やっぱり書かなきゃいけないだろうね;

何をって、池田市の附属池田小キティ乱入事件のことです。
被害に遭われた方には、ホントにかける言葉もないです。
事件のあった小学校は、国立のいわゆる「お受験」学校で、生徒たちも家庭にも階層的には問題ないだろうし、周辺の治安も関西のわりには比較的良好な土地なので、セキュリティ面で隙が多かったのが災いしたようです。
ふと思ったんですが、被害にあった小学校は上にも書いたように国立なので、文部科学省や国がすぐに動き出しましたが、普通の公立の小学校や私学で、しかも地方の学校で同じような事件が起こったとしたら、果たして国は今回のように素早い対応がとれたでしょうか。
ぜひ今回の事件を機に、セキュリティとかの体制を考え直してほしいものです。
それにしても、DQNバンドマンの西武線殺人事件といい最近は、無辜の一般人がいきなり巻き込まれる事件が増えましたね。東京の満員電車はもとより、池田のような平和な街でもこのありさまなんだから、もう日本にも安全な場所はないと思ったほうがよいかも。
日本の犯罪発生率は次第にアメリカ並みになってきたし、先を行くアメリカのほうは犯罪が減ってきてるそうだから、そのうち日本とアメリカの水準が同じになる日もそう遠くないでしょう。
そろそろここらへんで日本人のメンタリティもアメリカ型にシフトしていく必要があるんじゃないかと思いますね。
まず、大原則として、官に頼らないってことですね。自分の命を守れるのは警察でも国家権力でもない、ほかならぬ自分自身でしかないということ。もちろん困ったときに警察の助力を得るのは大切なことですが、それはあくまで主体は自分であるべきで、自分自身に対して責任を持てるのは自分しかいないのです。
特にネットはアメリカ生まれなので、ネット上の世界はアメリカ文化がすみずみまで行き渡っています。最近のメル友殺人事件をみても、被害者には気の毒ですけど、もうちょっと自己防衛のセンスがあれば、事件の大半は防げたんじゃないかと思いますね。
自分の命は自分で守る、っていうのは、あくまでも成人の話。子供については、彼らの命を守れるのは親しかいません。というか、子供は常に成人の監視下に置かれるべきだと思います。そろそろ、子供たちだけで遊ばせるとか、一人でお留守番とかいう日本的な習慣は、やめにしませんか?ましてや、子供をクルマの中に放置したままパチンコに行くDQN親に至っては論外ですね(藁
この事件は、日本人がグローバルスタンダードの価値観を取り入れる格好の教訓を私たちに与えてくれたと思います。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る