痴漢

混んだ朝の満員電車。アナタの前に立っていた女性が突然アナタのほうを指して、「この人痴漢です!」と周囲に訴えたら、どうなるだろうか。アナタはもちろん、「僕じゃないですよ!」と否定するだろうが、いったいどれだけの人がアナタの言い分を信じるだろうか。
最近、この手の痴漢誤認事件が増えている。上のようなシチュエーションになれば、当然、大部分の人は、「被害者」である女性の言い分を100%信じるだろう。そして、「痴漢」を告発したその女性の勇気を100%賞賛することだろう。証拠を出せと言っても、もともと物証などあるわけもなく、状況証拠だけとなるから、当然、アナタのほうが圧倒的に不利だ。話せばわかると思っても、被害者の女性は、アナタが犯人だと感情的に信じて疑っていないわけだから、とりつく島もない。そして、いったん警察に引き渡されれば、ハナっから犯人という前提で取り調べにあたる刑事たちにボコボコにいわされ、人間の尊厳も何もかもめちゃめちゃにされて自白を強要される。そして、待っているものは、刑事的・社会的な制裁である。
それだけにとどまらず、最近では、男を陥れるために、わざと痴漢に遭ったと言ってその男を訴える女がいる。これはWebで読んだ話だが、混んだ電車内でマニキュアの除光液を塗っていたのをとがめられたコギャル女が、注意した男性を駅員に痴漢として訴えた。その男性は、駅員に釈明したが話にならず、そのまま警察に引き渡され、大変な目に遭ったそうである。たまたま他の乗客が事の経緯を説明してくれたのでその男性は救われたのだが、まったくとんでもない話である。ひどい例になると、ニセの痴漢事件をデッチ上げ、

脅してカネを巻き上げる

手合いまでいるということだから、もう世も末である。我々としては、せいぜい自衛するしか方法がない。
まあ、こういうことが起きるのも、ホントに痴漢をする不心得な男がいるからということには違いない。痴漢行為が、男性から女性に対する暴力行為であるとするならば、無実の男性を痴漢だと偽って訴えるのは、その人に精神的・社会的に強烈なダメージを与えるという意味では、女性から男性に対する暴力行為といえる。
そこで、このような悲劇を繰り返さないため、鉄道会社に対し、次のような提案をしたい。
まず、車両の1両おきに、男性専用車両と女性専用車両を作る。もちろん、1両おきに厳密に区切るのではなく、時間帯によってそれらの車両数の比率をダイナミックに変えてもよい。
イチャイチャしたいカップルや、男女数人のグループのために、男女共用車両も作る。ただし、この車両を選択するのは乗客自身の意思なのだから、この中で少々オサワリを受けても文句を言えないことにする。
なーんてのは、どうだろうか・・・

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る