アメリカ文化

僕は国籍の上では日本人だけど,特にコンピュータや情報通信の世界に身を置いていると,どうしてもアメリカ文化の洗礼を受けてしまう。まあ,純粋な「日本」なんてものは1945年の時点でなくなってしまって,それ以後の日本なんてほとんどアメリカの租借地みたいなものなんだけど・・・日本ばかりでなく,ドイツでも若者はアメリカのロックを聴くらしいし,世界中にマクドナルドは氾濫してるし,あのフランスでさえも英語教育に真剣に取り組みはじめたらしい。
アメリカ英語が世界のデファクト・スタンダードになっている現状もあるし,インターネットの普及なども考えると,だんだんアメリカ文化が世界標準になっていくんだろうな・・・でも,それは,アメリカが文化的に他国を侵略したわけじゃなくって,

アメリカ文化が,一番人間らしい

ってことなんじゃないかなあ・・・個人の自由が最大限保証されていて,外圧(伝統ある村社会の束縛)に干渉されることなく個々人が自分の力で生活するっていうスタンスが,世界的に受け入れられていう証だと思うね。
僕は,六本木とかでたむろって勝ち誇ったように馬鹿騒ぎしている傲岸不遜なアメ公共は殺したくなるんだけれど,社会システムというか,制度面では,

アメリカのものがベスト

だと信じている。アメリカが今空前の好況に沸き,あらゆる面で成功を収めているのが何よりの証拠だ。残念だが,今の日本の社会的な制度はすべてダメだ。悔しいけど,それは認めざるを得ないと思う。
今の腐り切った日本社会を根本的に変え,今のアメリカのsuccessfulな状況に近付けることが,日本復興の大きな鍵となるだろう。こう言うと,アメリカの犬のように思われるかもしれないが,僕はそこらの日本人よりはずっと愛国者だと思っているし,日本を愛していればこそ,今の日本のていたらくが歯がゆくて仕方ないのだ。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る