インターネット考

今のご時世,インターネットもだいぶ一般に普及してきたみたいで,単なる学術ネットの域を超えて,今となってはそれなしでは生活できないぐらい重要な生活インフラの1つにまで成長してきたようだね。 ネットを使っている人も年々増えてきて,大学関係者とか企業の研究所の技術屋さんだけでなく,一般のサラリーマンやOL,さらには「じょしこーせー」にいたるまで,それはそれは誰でも使うようになった。 ネットがらみの流行語なんかもできたりして・・・ 利用者が増えるのはそれはそれで非常に結構なことなんだけど,

量の増加は質の低下

につながるとはよくいったもので,利用者が増えてくるとともにインターネットは年々腐ってきているような気がするね。
特に気になるのが,ろくにユーザ教育も受けないでネットにほいほいアクセスしてくる,いわゆる「ネット初心者」だね。 僕らがネットを始めた時代なら(といってもほんの4~5年前だが),スキルの高い大学の先生とか,一癖も二癖もある「常連」とよばれる人たちに,ときには喧嘩したり厳しく叱られたりしながらネットの使い方についてしっかり教育してもらい,ネットで怪我をしないような技術を身につけてから使っていたものだが,最近ではパソコンさえ買えば自分で特に設定しなくても誰でもネットにアクセスできる上に,最近雨後のタケノコみたいにポロポロ増えてきた商用プロバイダは自分のプロバイダを使ってくれさえすればいいもんだから,ろくにユーザを啓蒙しない。 んだもんで,コンピュータリテラシーはおろか,

一般常識さえおぼつかない

ようなネットサーファーが増えてきたってわけだ。 「ネチケット」なんて言葉もろくに知らないでめちゃくちゃする輩も多いし。 FAQや過去ログもろくに読まずに同じ質問を繰り返すわ,改行もしないでメールを送り付けてくるわ,ナンパしか考えないネットオタクやら,掲示板にエッチ画像を張り付けて荒らすバカ,ひどいのになるとマイナーなブラウザやゲーム機のインターネット機能を使ってアクセスしてきて,チャットができないからとWebマスターを責める奴。 呆れ果てて物が言えないね。 おまえら馬鹿か,と言いたい。 ゲーム機で,パソコンと同じ機能を期待するほうが無理なんだよ。 チャットができないのなら,チャットができる環境を用意すればいいだけのことだ。 自分の環境が適してないのに,Webマスターに文句言うのは,筋違いもはなはだしいね。 そんな奴等は,一昔前なら容赦無く叩きのめしていたもんだが,今それやると逆ギレして何するかわからんしね。 あー,怖い怖い。
あとから来た連中が,勝手にルール作るもんだから,世も末だな,こりゃ。

Pocket
[`evernote` not found]
Bookmark this on Delicious
LINEで送る