アメリカの席次

米国における席次(order of precedence)は以下のとおりです。

  1. 大統領(President of the United States)
  2. 副大統領(Vice President of the United States)
  3. 主催地の知事(Governor)
  4. 連邦議会下院議長(Speaker of the U.S. House of Representatives)
  5. 連邦最高裁判所長官(Chief Justice of the United States)
  6. 前・元大統領またはその未亡人(任期の早い順)
  7. 前・元副大統領またはその未亡人(任期の早い順)
  8. 米国大使(Ambassadors from the United States)
  9. 国務長官(Secretary of State)
  10. 駐米大使(Ambassadors to the United States)
  11. 連邦最高裁判所判事(Associate Justices of the Supreme Court)(任命順)
  12. 前・元連邦最高裁判所長官(任命順)
  13. 前・元連邦最高裁判所判事(任命順)

Continue reading “アメリカの席次”

イギリスの席次

イングランド・ウェールズにおける席次(precedence)表は以下のとおりです。

  1. 女王(The Queen)
  2. エディンバラ公(The Duke of Edinburgh)
  3. プリンス・オブ・ウェールズ(The Prince of Wales)
  4. 君主の次男以下の息子
  5. 君主の孫(親の年齢の順)
  6. 君主の従兄弟(親の年齢の順)
  7. カンタベリー大司教(Archbishop of Canterbury)
  8. 大法官(Lord High Chancellor)
  9. ヨーク大司教(Archbishop of York)
  10. 首相(The Prime Minister)
  11. 大蔵卿(Lord High Treasurer)(いれば)
  12. 枢密院議長(Lord President of the Council)
  13. 下院議長(Speaker of the House of Commons)
  14. 貴族院議長(Lord Speaker)
  15. 最高裁判所長官(President of the Supreme Court)
  16. 主席裁判官(Lord Chief Justice of England and Wales)
  17. 王璽尚書(Lord Privy Seal)
  18. 大使(Ambassador)および高等弁務官(High Commissioner)
  19. 式部長官(Lord Great Chamberlain)
  20. 大司馬(Lord High Constable)(いれば)

Continue reading “イギリスの席次”

Going driverless

I used to watch Knight Rider on TV when I was a junior high school student. Knight Rider is an American TV series where a hero, Michael Knight, together with a talking self-driven car, KITT, beats the evil and sometimes has romantic experiences with a heroine of each episode. I thought that such a car was just a pipe dream at that time, but the dream will probably come true in a decade or two.

The development of autonomous cars, or driverless cars, is widespread. Google started testing of the developing autonomous cars on public roads as Nevada state law allowed to do it and issued license plates to them in 2011. Following Google, Audi obtained the road testing license as well from the state government of Nevada in 2013. In the same year, the United Kingdom also permitted road testing of automated cars. In China, Baidu is also planning the similar testing.

Automated driving is categorized into five levels. Level 1 (hands on) means that driver and system shares control over the vehicle, such as adaptive cruise control where the driver controls steering and the system controls speed, and parking assistance where steering is automated and speed is manual. Level 2 means hands off, where the system takes full control of the vehicle, including accelerating, braking and steering, but driver must still keep an eye on the vehicle’s movement in case of unprecedented failures. At level 3 (eyes off), driver can text or watch a movie while the system is driving. At level 4 (mind off), driver may go to sleep or leave the driver’s seat while driving. In a level 5 (steering wheel optional) autonomous car, no human interaction is required for driving.

Some car manufacturers are releasing level 2 or 3 cars to the market. Tesla Motors, one of the leading car manufacturers, released level 2 cars with Tesla Autopilot capability in 2015. Those cars can act automatically on limited-access highways, requiring the full attention of the driver. Mercedes will add automated driving features such as an active brake assist, a steering pilot, a parking pilot, a cross-traffic assist system and braking assist on production cars by 2017. No car manufacturers today succeed in making level 4 or 5 cars.

There are some hurdles to achieve the development of level 4 or higher. Possible software bugs may lead to sudden malfunction and put driver and passengers at risk of a traffic accident. Crackers may hack the system and do some destructive actions. Laws and regulations should be properly arranged by politicians knowing well about autonomous driving system to cope with possible problems it may cause.

In spite of these hurdles, the progress is ongoing step by step. The development of artificial intelligence, or AI, also helps the automated driving system evolve. AI is being wiser and wiser over time. AI being installed in the system will dramatically quicken their pace of evolution. I think some car manufacturers will achieve the development of level 4 cars or higher in a few years. We know the rapid growth of the internet and smartphones. We know that the world was changed to what nobody had even imagined 15 years before. That will be true to automated cars.

In the world where cars are fully automated, traditional cars will be removed from the roads, because such cars that cannot follow the new order of the traffic will be nothing but obstructions. Driving such cars manually will be totally banned. Driving (or letting car drive) will be just a means of moving, not fun.

What should such people who love maneuvers of a traditional, manual-driven car do? Such cars will be parked at dedicated paddocks to play them within a restricted area such as circuits or off-road trails, just as today’s motorsport drivers do. Driving a car will be just one of hobbies like hiking, hunting, yacht sailing, golfing or fishing. The day when you can handle your car anywhere by yourself will be over.

Autonomous cars will change the world a great deal. You will think the change might be strange or uncomfortable, but you will have to adapt to it, since nobody haven’t stopped any changes of the times ever before.

英語で文章を書く

英語の文章の書き方にはある決まった型、お作法があります。文章といっても小説や脚本から、新聞・雑誌記事、スピーチ原稿にいたるまでいろいろありますが、ここでは一番書く可能性の高そうな、エッセイについて紹介します。

エッセイといっても日本語の“随筆”ではなく、英語のエッセイとは“小論文”に近いものです。エッセイには説明型エッセイ(expository essay)、大学などの入試に申し込むためのアプリケーションエッセイ(application essay)、研究レポート(research report)などがありますが、一番一般的なのが説明型エッセイだと思います。

説明型エッセイには、記述型(descriptive)、説得型(persuasive)、語り型(narrative)、分析型(analytic)があります。記述型エッセイとは、人や、場所、物事、感じ、状態について、読者の視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚に訴えかけて説明するものです。旅行雑誌、科学雑誌、芸術、建築、音楽、ダンス、その他の題材の雑誌記事の形式をとるものがあります。記述型エッセイの例は、ピーター・マシーセンやルイス・トーマスの全集などに多くあるようです。

説得型エッセイは、自分の意見を読者と共有しようとするために書くものです。どの点を訴え、その点をいかに補強するかを考えて、強い議論が可能になるように、自分の意見は、事実、事例、引用で補強します。新聞や雑誌の社説は、説得型エッセイの一種になることがしばしばです。説得型エッセイの例としては、ウィリアム・F・バックリーやアンナ・クインドレンの全集などがあります。

語り型エッセイは、真実の物語を語るときに書きます。単に起こった出来事に関することを書いたり、出来事の解釈やその意味を語ったりします。歴史や自分史、略歴は、語り型エッセイの形式で書かれることが多いです。個人的な語りや独白も、語り型エッセイになることが多いです。エルマ・ボンベック、ジョアン・ディディオン、ノーマン・メイラーの語り型エッセイが有名なようです。

分析型エッセイは、ある主題を分析、つまり批判的に見つめ、それがどのように作用するかを見るもので、書くのが最も難しいタイプのエッセイかもしれません。

Continue reading “英語で文章を書く”

英語で参考文献を書く

本でも論文でもブログでも、なにかを書くときに、他人のアイデアや言葉を使うときは、その出典を文献管理(documentation)しなければなりません。それをしないで、他人の考えを盗んで自分のもののようにみせかけることは、盗作(plagiarism)とよばれ、ばれると非常に重い社会的制裁を受けてしまう重大な反則事項です。

ここでは英語で文章を書いたときの参考文献の参照のしかたを紹介します。

Continue reading “英語で参考文献を書く”

英語で題名を表記する

英語を書くときに、題名を表記するときのルールです。

次のようなものの題名は、イタリックにします。手書きの場合は、アンダーライン(下線)を引きます。

  • 本(例:A Tale of Two Cities「二都物語」)
  • パンフレット
  • コレクション
  • 定期刊行物(例:The PostNewsweek
  • 新聞(例:The New York TimesThe Yomiuri ShimbunThe Wall Street Journal
  • 長編詩(例:Odyssey「オデュッセイア」)
  • 演劇(例:La Traviata「椿姫」)
  • 映画(例:Bonnie and Clyde「俺たちに明日はない」、Seven Samurai「七人の侍」)
  • ミュージカル作品(例:Mamma MiaHalf A Sixpence
  • 絵画や彫刻(例:The Jewish Bride「ユダヤの花嫁」、The Thinker「考える人」)
  • テレビ番組(例:Miami Vice「マイアミ・バイス」、Bura Tamori「ブラタモリ」)

題名が冠詞(a、an、the)ではじまるようなとき、それをつけると文の構文に合わなくなるような場合には、その冠詞を取ることができます。たとえば

Dickens' A Tale of Two Cities was his favorite novel.
→ Dickens' Tale of Two Cities was his favorite novel.

ディケンズの「二都物語」は彼の好きな小説だ。

のような場合、上のほうの文はDickens' A Taleとなってしまい、文法的におかしくなってしまうので、そんなときにはAを取り除いて下のほうの文のようにあらわします。

文中に、冠詞ではじまる定期刊行物の題名がくる場合には、その冠詞はイタリックにしたり下線を引いたりはしません(ただしその冠詞が文頭にくる場合は除きます)。たとえば

The headlines of the Post are legendary.
「The Post」のヘッドラインは伝説になるほど有名だ。

の「the Post」の前の「the」はイタリックになりません。

次のようなものの題名は、ダブルクォーテーション(引用符)でくくります。

  • (新聞や雑誌の)記事
  • エッセイ
  • 短編小説
  • 短い詩
  • ミュージカルの一場
  • テレビ番組の一話

例:

I saw a movie made from the short story “Ballad of the Sad Cafe”.
私は短編小説「Ballad of the Sad Cafe」をもとにした映画を見た。

I love “the Trouble with Tribbles” episode of Star Trek.
私は「スタートレック」の「the Trouble with Tribbles」の回が好きだ。

参考文献:The Princeton Language Institute. 21st Century Guide To Improving Your Writing. New York: Dell Publishing, 1995.

近江友里恵さんのこと

NHKのアナウンサーの近江友里恵さんのファンです。といっても今年のお正月に実家に帰省していたときにたまたま「ブラタモリ」をTVで見て初めて知ったんですが。「ブラタモリ」自体、桑子真帆アナウンサーがアシスタントをしていた時代に一度見たきりで、それまでほとんど見たことなかったのですが、このときは、昼に「伊勢」「横浜」の回の再放送をやっていて、さらに夜には「鶴瓶の家族に乾杯」とのコラボレーションスペシャルで成田山に行っていた回の放送があって、そこに出ていたアシスタントの近江アナウンサーがなんかいい味を出していて、注目するようになりました。

グーグル先生やウィキペディアによると、近江友里恵さんは2012年にNHKに入局して、朝のニュース番組「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーなどに出ているアナウンサーとのこと。私は、朝は十数年来、テレビ東京の「モーニングサテライト」を見ていたので、「まちかど情報室」はたまにしか見ることがなかったのですが、そこで衣装をうしろ前に着て出演する(※)というちょっとドジっ娘ぶりも披露してしまうキャラのようです。「ブラタモリ」でも、ときどき温度計を読み間違えたり、ハブ取り棒でつかまえたハブを入れた箱を素手で閉めようとしてしまうというポンコツっぷりを見せてくれる天然キャラとして人気を博している模様。「私、優柔不断なんで、すぐ迷っちゃう」と公言し、「優柔不断が治りますように」と成田山にお祈りするゆとりキャラで、なんか「守ってあげたい」感を強く感じさせるオーラがただよっているように感じたわけです。なんか、職場の後輩とかにいたらいろいろ教えてあげたくなるような。キラキラしたいわゆる“女子アナ”らしからぬ、おっとりとした雰囲気で、着ているものもけっして派手ではなく流行を追い過ぎず、むしろ中学生のようなちょっとあか抜けない感じさえして、それでいて育ちのよさを感じさせる、すれていないしゃべり方。ひとことでいうと“可愛すぎる”ということでしょうか。

スポーツはあまり得意ではなく、動物もどちらかというと苦手で、けっしてアドリブをきかせて要領よく立ちまわるタイプではないものの、地頭はよく真面目に、堅実に何ごともきっちり取り組む感じ。それでいてちょっと天然というキャラは、なんだか私自身をみているようで、それで親近感をおぼえたのかもしれません。

近江さんはその後、4月からは隔週で「おはよう日本」のキャスターを担当することになり、朝5時から出るようになったので、近江さんの出る週は朝5時起きで「おはよう日本」を見て(出ない週はこれまでどおり「モーサテ」を見てますが)、土曜の夜7時半からは「ブラタモリ」を見るという生活になったんですが、このたびNHK文化センターの企画で、9月30日に名古屋で近江さんのトークライブがあるということを聞きおよび、さっそく申し込んで名古屋まで聴きに行ってきました。

※2016年6月20日の「まちかど情報室」で、衣装の「Backリボンギンガムブラウス」をうしろ前に着て出演してしまい、視聴者から指摘を受けて、NHKの広報とニュースとアナウンス室の偉い人たちが会議の結果、「本人が間違って着てしまいました。これからは正しい方向に着るようにします」という公式文書を出すにいたった事件。

Continue reading “近江友里恵さんのこと”

Yurie Omi

Yurie Omi

According to Wikipedia, “Yurie Omi (born July 27, 1988) is a Japanese female announcer, television reporter, television personality, and news anchor for NHK. Omi is one of the hosts of NHK morning news show NHK News Ohayō Nippon. She is also the co-host of NHK television series Bura Tamori aired from April 2016.”

I’ve been a big fan of Yurie Omi since the beginning of this year when I sat in front of the TV by chance at my parents’ house and watched her for the first time in Bura Tamori (I had rarely seen it before, though). This program is a travel show where NHK’s broadcaster strolls Japan’s particular town or area with Tamori, one of Japan’s renowned TV personalities, and a geophysicist, a local historian or a curator, to investigate the place’s topics such as terrain features, history, culture and civil engineering.

Why do I think she is so attractive? I think the reason is three-fold. Firstly, she sometimes shows goofy behavior in her TV programs, although she is actually very smart and good-looking. She wore her dress back to front in the news show. In Bura Tamori, she read the thermometer incorrectly. (She said the temperature of hot spring water was 940 degrees Celcius while it really pointed 94.0 degrees.) Such slight weaknesses mean imperfection, which is what Japanese people value in tradition. This mentality makes the Japanese regard her weaknesses as charming. Secondly, she acts or speaks less highhandedly than average so-called “joshi-ana” and TV personalities. They often show off, but she doesn’t. They often speak aggressively, but she never does it. Her attitude like this gives a favorable impression to many Japanese viewers. Thirdly, most of her personality looks so similar to mine that I find something congenial in her. I don’t think she is such a personality that is good at thinking on her feet and speaking off the cuff with a ready wit. Rather, she looks genuine, and she can only do diligently what she has to do with simple honesty. Such characteristics of her is just like mine.

For those reasons, I got fascinated by her. I watch every TV program she appears in. I get up at five in the morning on weekdays to watch NHK’s morning news show she hosts. In Saturday evening I watch Bura Tamori to see her traveling with Tamori.

In addition to watching her on TV, I had a chance to see her with the naked eye. One day I got the information that she was going to hold a lecture presentation at Nagoya on September 30 and was requesting for audience. I applied for it because it might be my once-in-a-lifetime chance to meet her up.

Continue reading “Yurie Omi”

香港へ

先日、香港へ行ってきました。郵便貯金の定額貯金が満期を迎えたので、一部をハンドキャリーして13年前に開設したHSBCの口座に入金するのと、現地で金製品を買うためです(日本で買うより安いのです)。この先日本がどうなるかわからない中、国際的に資産を分散しておくのが理にかなっているかと。

 

今回の香港訪問で特筆すべきこと2つ。1つは、鹿児島というところは実は日本の重要なゲートウェイだということ。東京視点では鹿児島なんて日本の南のはるか果てのように見えますが、外国人からみると実はそうではなく、金のネックレスを買うために訪れた周生生の中環店の女性店員が話していたんですが、彼女は日本に旅行したことがあり、そのとき鹿児島から入国して大阪→京都→東京とまわり東京から出国したとのこと。これは中国や香港からの旅行者のゴールデン・ルートなんだとか。これらの事実が示唆するのは、鹿児島や長崎、福岡といった都市は、東京を見てるのではなくアジアを見るのがこの先生きのこる道なのではないかと。

もう1つは、私の英会話力が格段に落ちたということ。さきの周生生の店員さんとの会話でも、それ以外の香港人との会話でも、私の受け答えは"Yeah," "No," "Thank you," "Oh really?"とかばかり。数年前に比べて英語のレスポンススピードが明らかに遅くなっているのがありありとわかりました。職場では全く英語とは無縁の仕事になってしまったので、せめて家の中は環境を英語化しておかないとどんどんさびついていきそうです。