グローバル化の終わり

私が就職したのは、90年代終わりごろの「失われた10年」と言われた不況の時代の日本で、会社からよく「グローバルマインドを持て」と言われたものでした。

2000年までには、「グローバル」や「グローバル化」という言葉が、次なる新たなミレニアムを生き抜くためのキーワード(ときにはバズワード)として、ドットコムバブルとともにやってきました。当時は、TOEICのスコアを上げさせられたり、MECEだのSWOT分析だのロジカルシンキングの手法をマスターさせられたり、とにかく日本的な古いワークスタイルを廃して、グローバルな(といってもほとんどアメリカのですが)考え方に慣れるようにハッパをかけられたものです。

ところが2006年にライブドアショックがあり、IT長者たちが凋落していくのを目のあたりにすると、人は、アメリカ式のやり方ではうまくいかないと気づき、また日本を見直し始め、日本の良いものを再評価するようになりました。会社でも「日本品質」とか言い始めて、グローバルサービスよりもドメスティックなほうに目を向け始めたころでした。

2010年代になると、今までの内向き志向がまたぞろグローバルに向かい始め、日本企業がまた海外進出するようになりました。今度はアメリカだけじゃなく、インドや中国、ロシア、ブラジル、東南アジアやアフリカなどの第三世界に出て行って、会社のサービスもそういう企業のニーズや要望に沿うようなグローバルサービスが増えていきました。

また2010年代は移動の時代でもあり、LCCの台頭によって低価格で海外に行けるようになりました。外国と行き来する人を見ることはどこでも日常的になりました。

こうして見ると、グローバルとローカル、人々の志向は5~6年ごとに行ったり来たりしているように見えます。その伝でいくと、そういうグローバルな世界というのはもうそろそろ終わりそうに思います。今週、英国の国民投票でEU離脱を決めたのは、その最も象徴的なものではないでしょうか。ほかにもフランスやイタリア、スペインなど、移民の流入やそれに伴うヨーロッパ内のテロに悩まされている国で同様の動きがあると聞きます。

同様に、アメリカでも、ドナルド・トランプ氏が、国境に壁を造り、メキシコ人やイスラム教徒をシャットアウトしろと言って、保守的で比較的貧困層のアメリカ民衆から熱狂的な支持を受けています。対抗馬のヒラリー・クリントン氏でさえ、TPPには反対するなど、保護主義的な主張をしています。日本でも、旗を持った過激な愛国主義者たちが通りに繰り出し、隣国人は出て行けと言ってヘイトスピーチをするようになりました。

思うに、今は時代のターニング・ポイントで、これから「グローバルな世界」はなくなっていくでしょう。民衆は自分の国のことだけを考えるようになり、そこここで紛争や、場合によっては武力衝突が起こるかもしれません。これから5~6年、少なくともトランプ氏かヒラリー氏の大統領の任期の間はそうなると思います。できることは、そういう世界を傍観しながら、将来状況がどう変わっても対処できるように、選択肢をできるだけ多く持っておくことではないでしょうか。

The end of globalisation

When I started my career in the late 1990s, my employer encouraged us to have a global mind to cope with Japan’s recession so-called “the lost decade”. By 2000, the words “global” and “globalisation” were used as the keywords — and sometimes buzzwords — for surviving the upcoming new millennium, followed by the dot-com bubble. My coworkers and I were pressured to raise TOEIC scores, to learn SWOT analysis, MECE, and other terms of logical thinking, to abandon obsolete Japanese work style and get accustomed to global — in many cases American — way of thinking. 

In 2006, those ideas were changed. Seeing the Livedoor scandals and accompanying downfall of dot-com millionaires, Japanese people found out that the American way did not work. Instead, they began taking a second look at their own country and reviewing the good things of it. The company I worked for focused on the products for domestic customers rather than overseas ones, with “the Japan quality” as its corporate philosophy.

Starting 2010s, people’s inward-oriented views were changing into global again. Japanese enterprises were going out overseas, not only to the United States at that time but to the Third World such as India, China, Russia, Brazil and Southeast Asian and African countries. I had more and more opportunities to get involved in the services offered to such customers going to those countries in order to meet their needs and demands.

The first half of 2010s was the years of transportation. Low cost carriers helped people fly abroad at low air fares. Everywhere you can see people travelling to and from all over the world on a regular basis.

Yet you see that people’s favour of the global-oriented mind or the local-oriented one swings from side to side every five or six years. That being the case, such a globalised world will come to an end shortly. The event that happened this week in the United Kingdom showed that the most symbolically. The referendum determined the UK to leave the European Union it had joined in 1973. Other European countries like France, Italy and Spain begin the preparation of such referendum whether they should leave or remain the EU by some people tired of enormous numbers of immigrants from the Middle East and accompanying terrorist attacks occurring inside Europe. 

Likewise, in the United States, Donald Trump, saying that a wall should be built on the border to shut out Mexicans and Muslims, has the enthusiastic support by the conservative and relatively poor American population. Even Hillary Clinton, one of the rival candidates of Trump, says that she is against the US to join the Trans-Pacific Partnership. In Japan, some nationalistic extremists carrying patriotic flags with them are making a hate speech on the street, saying that the people from neighbouring countries should get out of Japan and go back to their own country.

I think that now is the turning point of the era and there will be no more “globalised World” from now on. People of each country will pay attention only inside their own country. A dispute or, in some cases, an armed clash may begin between some countries. Such an era will last five or six years, at least Trump or Clinton’s presidential term. What we can do right now might be to look on such the World and to have as many options as possible to be able to cope with the future fluctuation of circumstances.

Words of the year 2015

It's time for me to look back this year and list up the most impressive words I experienced this year. Words of the past years are:
The words of the year for 2001: getting a flat within the Tokyo metropolitan area, a position change at the office, and Soarer.
The words of the year for 2002: America.
The words of the year for 2003: the airplane and the musical.
The words of the year for 2004: the blog, Asian countries (Singapore and Hong Kong), and the GSM mobile phone.
The words of the year for 2005: darts, the GSM and WCDMA mobile phone, and visiting Hong Kong again.
The words of the year for 2006: the US stock and the mutual fund.
The words of the year for 2007: changing my car and visiting Hawaii.
The words of the year for 2008: England and Fukagawa.
The words of the year for 2009: office position change, MacBook Pro and JR Seishun 18 Ticket.
The words of the year for 2010: Taiwan, Singapore and Malaysia; iPhone; and the credit card.
The words of the year for 2011: the car, the British culture and China.
The words of the year for 2012: Oji, the mahjong, the flight attendant and Facebook.
The words of the year for 2013: Ayurveda, Korea, high school alumni and Tsuyoshi Takashiro.
The words of the year 2014: England and Android.

And this year's keywords for me is Maine, United States; Estonia and transfer of workplace.

Maine, United States is where I visited in September for pleasure. I drove the US roads, went shopping at supermarkets and pharmacies, rode America's domestic flights, and was excited in many ways. That experience encouraged me to look back at the United States from the United Kingdom, which I had been interested in for almost a decade. 

Estonia is the country where I applied for the e-Residency card. Before I did it, all I knew about Estonia was that it was what Baruto, a former sumo wrestler, was from, not being able to tell it from other Baltic countries like Lithania and Latvia. I found out that that country was one of east Europe's most IT-advanced countries. I think it's a good idea to visit Estonia next year.

Transfer of workplace is that I was transferred the office and position in December, leaving previous workplace where I had served for more than six years. 

Anyway, this year is coming to an end. I managed to live safe and sound, without being suffered from any diseases. That being said, I'm getting older and older, and my body is gradually worn out. That's why I'm going to check my body thoroughly and maintain it from scratch, which is going to be my next year's task.

2015年のキーワード

今年の振り返りのキーワードをあげる時期がやってきました。

2001年のキーワード:都内一人暮らし職場異動ソアラ
2002年のキーワード:アメリカ
2003年のキーワード:飛行機ミュージカル
2004年のキーワード:ブログアジア(シンガポール・香港)GSM携帯電話
2005年のキーワード:ダーツGSM/WCDMA携帯電話香港再訪
2006年のキーワード:米国株ミューチャルファンド
2007年のキーワード:クルマの買い替えハワイ旅行
2008年のキーワード:イギリス深川
2009年のキーワード:職場異動MacBook Pro青春18きっぷ
2010年のキーワード:台湾・シンガポール・マレーシアiPhoneクレジットカード
2011年のキーワード:クルマイギリス文化中国
2012年のキーワード:王子麻雀CAFacebook
2013年のキーワード:アーユルヴェーダ韓国高校の同窓生高城剛
2014年のキーワード:イギリスAndroid
だったのですが、今年のキーワードは

アメリカ(メイン州)エストニア職場異動

にします。

アメリカ(メイン州)は、今年の9月に旅行で訪れた場所。憧れのアメリカの道路を初めてドライブしたり、スーパーで買い物したり、モーテルに泊まったり、コインランドリーで洗濯したり、国内線の飛行機に乗ったりと、短い旅行期間ながらもいろいろ体験させてもらいました。これまでイギリスに傾倒していたのですが、イギリスは去年2度も行ってちょっと飽きてきたというのもあり、やっぱり日本人にとって目標の国といえばアメリカなのかな〜と、再度アメリカに心が傾きつつある今日このごろなのです。

エストニアは、9月に大使館に行ってe−Residencyカードを申し込んだ縁です。それまでエストニアといえば元力士・把瑠都関の出身国というぐらいの知識しかなく、他のバルト三国のリトアニアやラトビアと区別つきませんでしたが、東欧きってのIT先進国というのを初めて知りました。折しも日本でもマイナンバーカードがこれからのトレンドということもあり、マイナンバーの先輩国としていろいろと体験してみる価値がありそうです。来年は実際にエストニアに旅行してみてもいいかもと思ったりしてます。

職場異動は、これまで6年以上もの長きにわたって担当していた業務から外れ、12月に新しい部署に異動したというもの。まあ異動自体は初めてじゃないですがだいぶ久しぶりなので。

ということで、今年も残すところあと1日で、3年間の厄年からもようやく明けることになります。幸いなことにたいした病気もせずに済みましたが、だいぶ体もガタがきているのも事実なので、来年は本腰入れてボディメンテナンスをはじめてみようかなとも思ってます。

Visiting Maine

I think it's too late to write this entry, but I visited Portland and Boothbay Harbor, Maine in this September. I watched a musical play Carousel at Kokugakuin Tochigi High School performed by its musical club a few weeks before. Carousel is a musical that features a love story of a young girl and a barker in Maine, filmed in 1956. That inspired me to visit this state and, if I could, eat some lobsters and clambakes.

There were no direct flights from Tokyo to Maine, so I chose flights from Tokyo (Narita) to New York (JFK), and from LaGuardia to Portland (Maine's largest city). All flights were Delta Airlines.

DL172 to JFK

Continue reading “Visiting Maine”

回転木馬とロブスター(4)

前のエントリ

いよいよ日本に戻る日になりました。もう少しいたかったんですが、チケット代の関係でこの日程で戻るのが一番安上がりだったので。

ポートランドから日本への直行便はないため、デトロイト、シアトルと2回乗り換え、シアトルから羽田まで直行便に乗ります。全行程、デルタ航空です。

Portland International Jetport

Continue reading “回転木馬とロブスター(4)”

回転木馬とロブスター(3)

前のエントリ

3日目は、ポートランド市街に出てみました。モーテルからクルマだとCongress Streetをほんの5分程度の距離です。

Downtown Portland

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(3)”

回転木馬とロブスター(2)

前のエントリ

泊まったモーテルは、こういう場所。

La Quinta Inn & Suites

アメリカの地方都市によくありそうなモーテルですが、アメリカの文化を感じるのにはうってつけの環境かと。

朝食はこんな感じのビュッフェスタイル。これもモーテルにありがちなスタイル。

Breakfast at La Quinta Inn & Suites

ソーセージとかベーコンとか温かい食事は一切ついてなく、オートミールを温めるかワッフルを自分で焼くかしないと温かい食べ物にはありつけません。

さてミュージカル「回転木馬(Carousel)」は1956年にゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演で映画にもなっていて、その映画が撮影されたのがメイン州のブースベイハーバーという場所だそうです。ポートランドからブースベイハーバーまで約50キロ。車でないと行けない場所ですが、せっかくならレンタカーを借りてアメリカドライブもしてみようと思い、レンタカーを手配していたのでした。

レンタカーの窓口はポートランドの空港にあるので、モーテルから空港に向かいます。タクシーを呼んでもよかったのですが、空港まで1キロぐらいしか離れてないので、アメリカの田舎町の雰囲気を感じるのと健康も兼ねて(?)歩いてみることにしました。

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(2)”

回転木馬とロブスター(1)

今年の9月の國學院栃木高校の文化祭。いつも観に行くミュージカル部の今年の公演は「回転木馬」。じつに10年ぶりです。

Carousel

Cast list

「回転木馬」(Carousel)のあらすじは10年前のブログ記事の内容にも書いてありますが、この作品の舞台となっているのはアメリカのニューイングランド地方・メイン州。ロブスターが名産といわれている場所だそうで、一度行ってみたい気持ちが頭をもたげてきたので、実際にメイン州まで行ってみることにしました。

North Wing departures

 

Continue reading “回転木馬とロブスター(1)”

エストニアのマイナンバー

エストニアという国が今IT立国として注目を集めているようです。バルト三国としてソ連から独立したのが1990年代前半、それ以来日本人にはなじみの薄いこの国ですが、スカイプやその他のスタートアップ企業で知られているほか、政府ぐるみでヨーロッパのIT市場におけるオフショア開発拠点としてITエンジニアを多数呼び込んでいる「デジタル国家」を作ろうとしています。 

政府は国民にIDカードを発行しており、このIDカードはちょうどアメリカのソーシャルセキュリティカードや日本でこれから始まろうとしているマイナンバーカードのようなもので、これで納税、オンラインバンキング、処方箋の発行などなど、ワンストップのサービスを提供しているとのことです。さらに、エストニアの住民だけではなく、国外に住む外国人に対しても「電子居住(e−Residency)カード」というのを発行し、エストニアの電子住民としてコンピュータを通じてリアルな住民と同じようなサービスを「電子的に」提供しようとしているとのことです。

e-Residency card

電子居住カードの申し込みは簡単で、まずe−EstoniaのWebサイト(https://apply.e-estonia.com/)でオンラインで手続きをし、50.99ユーロをカードで払います。このときに受け取り場所に最寄りのエストニア大使館を指定すると、エストニアに行かなくても大使館で受け取ることができます。申し込んでからカードができあがるのに約一ヶ月ほどかかり、できあがるとメールで通知が来ます。ちなみに申し込みから通知まですべて英語でOKです。日本語はちょっと無理ですが…。

Continue reading “エストニアのマイナンバー”